商品一覧

表示件数:
12 次へ >>

(全商品:99点)

  • H. ‘ドドソン紫’ 【小】
    H. ‘ドドソン紫’ 【小】
    Haworthia ’Dodson Murasaki’ / ‘ドドソン紫’

    POTSIZE: 60mm

    ちゃいちーのはコレでラスです。


    いわゆる "ドドソンオブツーサ" の紫色になるやつ。

    テキトーに栽培してガッツリ紫。
    いい感じの季節のときとか、遮光して栽培すればプリプリに戻ります。


    1,100円
    在庫数 : 1
    注文数:
  • H. ‘ドドソン紫’ 【大】
    H. ‘ドドソン紫’ 【大】
    Haworthia ’Dodson Murasaki’ / ‘ドドソン紫’

    POTSIZE: 90mm
    もう1.5周りくらいは大きくなります



    いわゆる "ドドソンオブツーサ" の紫色になるやつ。

    テキトーに栽培してガッツリ紫。
    いい感じの季節のときとか、遮光して栽培すればプリプリに戻ります。


    2,200円
    在庫数 : 1
    注文数:
  • 【SPECIMEN/SAMPLE(Clone)】H. ‘ドドソン紫’
    【SPECIMEN/SAMPLE(Clone)】H. ‘ドドソン紫’
    Haworthia ’Dodson Murasaki’ / ‘ドドソン紫’
    (Haworthia vista / Haworthia Vista Group)


    POTSIZE: 90mm


    いわゆる "ドドソンオブツーサ" (の紫になるやつ)。
    OB-1 と同じらしいです。
    品種名としてはなんか二転三転してましたが、‘ドドソン紫’ になるみたいです。
    (‘ドドソン紫オブト’ ではなく。"オブツーサ" はラテン語なので使えない。)

    低く平らで、ツルツル半球状の窓が並びます。

    良く太陽に当てれば思い切り紫、柔らかく遮光して湿度を上げれば薄紫色でプリプリ透明。
    基本丈夫。
    成長速度もまあそこそこ。
    子吹きはかなり年季が入らないとしないです。
    0円
    在庫数 : 0
  • 【SPECIMEN/SAMPLE(clone)】H. "関西系オブツーサ"
    【SPECIMEN/SAMPLE(clone)】H. "関西系オブツーサ"
    Haworthia "関西系オブツーサ"


    完成株同士で ‘ドドソン紫’ と比べると「気持ち小粒・・・か?」というくらいで、仮に混ざっちゃたら識別するのは難しい感じではありますが、栽培状況である程度見分けはつきます。
    中苗まではその分若干柔らかめで、粒が立って(ペタンコ具合が少し薄い)、透明感も出やすい気もします。
    屋外で3号鉢いっぱいくらいで打ち止めですが、環境によってはもう少し膨らむかも。


    ちょっと前はこの辺のは「だいたい全部 ‘紫オブト’ (品種としては同一)」ということでしたが、なんか結局紫オブトはグループ名扱いで、細かく品種別けされたみたいです。
    もうちょっと良く分からないです。

    これは特に修正・訂正された品種名が見当たらないので Group 名のみの個別品種名ナシの 【紫オブト系 / Vista Gp.】にする・・・のかな?



    0円
    在庫数 : 0
  • H. diaphana (Gamtoos Valley)
    H. diaphana (Gamtoos Valley)
    Haworthia diaphana
    Gamtoos Valley

    POTSIZE; 60mm
    根っこはしっかりしてます



    たぶん type clone だと思いますが・・・経路的的には違う可能性も多少アリ。
    でもまあ type clone だろうと。
    (追記: ほぼ間違いなく type clone 個体。MH06-65-1~MH06-65-3。

    辛めにやっても直径12cm超えくらいまで育って窓も大きいんで迫力がありますな。
    葉先の尖ったクソデカい H. transiens みたいというか葉っぱの厚い H. mucronata ?(H. inconfluens ?)


    めっちゃ丈夫で成長早いです。
    親株、寒波でも平気なくらいに耐寒性も高かったです。
    ありがたい。

    1,600円
    在庫数 : 0
  • 【SPECIMEN/SAMPLE(clone)】H. diaphana (Gamtoos Valley)
    【SPECIMEN/SAMPLE(clone)】H. diaphana (Gamtoos Valley)
    Haworthia diaphana
    Gamtoos Valley

    POTSIZE; 105mm




    たぶん type clone だと思いますが・・・経路的的には違う可能性も多少アリ。
    でもまあ type clone だろうと。
    (追記: ほぼ間違いなく type clone 個体。type =基準標本。新種として記載するときの根拠的な個体とか葉っぱの一部とか。)

    辛めにやっても直径12cm超えくらいまで育って、窓も大きいんで迫力がありますな。
    葉先の尖ったクソデカい H. transiens みたいというか葉っぱの厚い H. mucronata ?(H. inconfluens ?)


    めっちゃ丈夫で成長早いです。
    親株、寒波でも平気なくらいに耐寒性も高かったです。
    ありがたい。

    0円
    在庫数 : 0
  • H. sabita (IB06953 Majamanini)
    H. sabita (IB06953 Majamanini)
    Haworthia sabita n.n.
    H. cooperi 'pilifera' / 'leightonii' sensu Bayer
    IB06953 Majamanini

    POTSIZE: 60mm
    根っこがすごいので端に植わってます・・・。



    何気にここに自生地の様子が。


    品種名総覧によると種小名の "sabita" は「錆びた」からきているみたいです。
    赤錆色かな。


    ざっくり言えば「ペールグリーン~青みががった紫系のピリフェラ」ではなくて、「赤くなるクーペリ / ピリフェラ」みたいな感じです。
    明るくて黄色っぽさ強い黄緑~ピンク~赤紫・・・と言った感じです。
    H. joeyae とか H. hisui H. hogsia 、H. pallens 系に近い感じの色調とサイズ感。

    The Genus Haworthia でも Aggregate: Leightonii ということで厳寒期は H. davidii やら H. luminis みたいな H. leightonii っぽい赤さです。
    個人的には春~初夏とか秋の調子良い時期の蛍光感黄色っぽい黄緑色が好きです。
    表皮は厚く硬めなんですが、それ系のヤツにしては透明度も高いし。
    とにかく通年青の色調はとても薄いです。




    [Obtusa-Pilifera-Cooperi]-----[H. sabita]-------------------------------------[Leightonii]

    自生地からするとイメージはこんな感じ?
    ただ個人的には H. leightonii っぽさはかなり薄い気がするのでやっぱり難しいですね。



    Majamanini は名前にアフリカ感が溢れていてステキで Kingwilliamstwon のすぐ南西の街。
    資料によって Majamanini だったり Majamannie だったりしますが、英語toアフリカーンス語の表記ブレか何かじゃないかと思います。


    基本的にめちゃ丈夫ですが、氷点下には弱いような気がします。
    1,400円
    在庫数 : 1
    注文数:
  • 【SPECIMEN/SAPMLE(clone)】H. sabita (IB06953 Majamanini)
    【SPECIMEN/SAPMLE(clone)】H. sabita (IB06953 Majamanini)
    Haworthia sabita n.n.
    H. cooperi 'pilifera' / 'leightonii' sensu Bayer
    IB06953 Majamanini

    POTSIZE: 90mm



    何気にここに自生地の様子が。


    品種名総覧によると種小名の "sabita" は「錆びた」からきているみたいです。
    赤錆色かな。


    ざっくり言えば「ペールグリーン~青みががった紫系のピリフェラ」ではなくて、「赤くなるクーペリ / ピリフェラ」みたいな感じです。
    明るくて黄色っぽさ強い黄緑~ピンク~赤紫・・・と言った感じです。
    H. joeyae とか H. hisui H. hogsia 、H. pallens 系に近い感じの色調とサイズ感。

    The Genus Haworthia でも Aggregate: Leightonii ということで厳寒期は H. davidii やら H. luminis みたいな H. leightonii っぽい赤さです。
    個人的には春~初夏とか秋の調子良い時期の蛍光感黄色っぽい黄緑色が好きです。
    表皮は厚く硬めなんですが、それ系のヤツにしては透明度も高いし。
    とにかく通年青の色調はとても薄いです。




    [Obtusa-Pilifera-Cooperi]-----[H. sabita]-------------------------------------[Leightonii]

    自生地からするとイメージはこんな感じ?
    ただ個人的には H. leightonii っぽさはかなり薄い気がするのでやっぱり難しいですね。



    Majamanini は名前にアフリカ感が溢れていてステキで Kingwilliamstwon のすぐ南西の街。
    資料によって Majamanini だったり Majamannie だったりしますが、英語toアフリカーンス語の表記ブレか何かじゃないかと思います。


    基本的にめちゃ丈夫ですが、氷点下には弱いような気がします。
    0円
    在庫数 : 0
  • 【SPECIMEN/SAMPLE(clone)】H. reticulata/hurlingii (Bonnievale)
    【SPECIMEN/SAMPLE(clone)】H. reticulata/hurlingii (Bonnievale)
    Haworthia hurlingii
    H. reticulata var. hurlingii sensu Bayer
    Bonnievale

    POTSIZE: 120mm


    やや大型、ズングリデップリ、皮厚めだけどあまり硬くない、ちょいツヤ、かなり模様クッキリめ、透明感強め。
    色々買い集めたりしましたが、総合的に見て一番王道的に「レティキュラータのイイヤツ」って感じのクローンだと思ってます。





    0円
    在庫数 : 0
  • H. albans (IB7034 RIB0076 St. Alban's)【A】
    H. albans (IB7034 RIB0076 St. Alban's)【A】
    Haworthia albans 
    (H. blackbeardiana var. nov. / H. species)
    IB7034 RIB0076 St. Alban's

    POTSIZE; 60mm
    やや根少な目。
    どうというワケでもないですが・・・。


    Port Elizabeth 周辺の St. Alban ではないみたいです。
    もっとだいぶ東側。
    H. calaensis (H. blackbeardiana var. calaensis sensu Breuer) に近い種らしいぞ!


    すっごい丈夫でけっこう簡単にプリンプリンのガチンガチン透明にできます。
    成長もめちゃ早いし、丈夫です。
    -3℃くらいでもまあ平気でした。

    同じデータで3株ほど導入してみましたが、これが一番丈夫でデカいかな?
    ただ、それぞれサイズやら植えつけた土やらが違ったので何ともですが・・・。
    1,400円
    在庫数 : 1
    注文数:
  • 【SPECIMEN/SAMPLE(clone)】H. albans (IB7034 RIB0076 St. Alban's)【A】
    【SPECIMEN/SAMPLE(clone)】H. albans (IB7034 RIB0076 St. Alban's)【A】
    Haworthia albans 
    (H. blackbeardiana var. nov. / H. species)
    IB7034 RIB0076 St. Alban's




    Port Elizabeth 周辺の St. Alban ではないみたいです。
    もっとだいぶ東側。
    H. calaensis (H. blackbeardiana var. calaensis sensu Breuer) に近い種らしいぞ!


    すっごい丈夫でけっこう簡単にプリンプリンのガチンガチン透明にできます。
    成長もめちゃ早いし、丈夫です。
    -3℃くらいでもまあ平気でした。

    同じデータで3株ほど導入してみましたが、これが一番丈夫でデカいかな?
    ただ、それぞれサイズやら植えつけた土やらが違ったので何ともですが・・・。
    0円
    在庫数 : 0
  • H. albans (IB7034 RIB0076 St. Alban's)【B】
    H. albans (IB7034 RIB0076 St. Alban's)【B】
    Haworthia albans 
    (H. blackbeardiana var. nov. / H. species)
    IB7034 RIB0076 St. Alban's

    POTSIZE:60mm





    こっちでたくさん見れます。



    Port Elizabeth 周辺の St. Alban ではないみたいです。
    もっとだいぶ東側。
    H. calaensis (H. blackbeardiana var. calaensis sensu Breuer) に近い種らしいぞ!

    私のところには同じこのデータで2株ありまして、便宜上こちらをBとして区別してあります。
    Aとの違いは・・・まだよく分からないですかね。
    今のところBのほうが若干小ぶりで青みが強いような気がします。
    1,200円
    在庫数 : 0
  • 【SPECIMEN/SAMPLE(clone)】H. albans (IB7034 RIB0076 St. Alban's)【B】
    【SPECIMEN/SAMPLE(clone)】H. albans (IB7034 RIB0076 St. Alban's)【B】
    Haworthia albans 
    (H. blackbeardiana var. nov. / H. species)
    IB7034 RIB0076 St. Alban's



    こっちでたくさん見れます。



    Port Elizabeth 周辺の St. Alban ではないみたいです。
    もっとだいぶ東側。
    H. calaensis (H. blackbeardiana var. calaensis sensu Breuer) に近い種らしいぞ!

    私のところには同じこのデータで2株ありまして、便宜上こちらをBとして区別してあります。
    Aとの違いは・・・まだよく分からないですかね。
    今のところBのほうが若干小ぶりで青みが強いような気がします。
    0円
    在庫数 : 0
  • H. salina (MH06-224-3 IB13721 Uitkomst, N of Swartkops River)
    H. salina (MH06-224-3 IB13721 Uitkomst, N of Swartkops River)
    Haworthia salina
    MH06-224-3 IB13721 Uitkomst, N of Swartkops River
    (Basionym: H. stayneri var. salina)

    POTSIZE: 60mm




    毛無しの H. venusta (H. cooperi var. venusta sensu Bayer)、みたいな位置づけで見られてる種。
    Breuer さんは H. venusta H. salina var. venusta にしてます。
    (※ H. tomentosa は Joubertskraal の H. villosa とかあの辺の地域の種です。)

    H. stayneri の変種で元記載されただけあってズングリでイイカンジの三角窓な感じです。
    白肌っぽい個体とかもあるけどこれはけっこう紫肌。
    というか、思ったよりガッツリ紫になりました。
    H. purpurea 並みかよ。
    1,500円
    在庫数 : 1
    注文数:
  • 【SPECIMEN/SAMPLE(clone)】H. salina (MH06-224-3 IB13721 Uitkomst, N of Swartkops River)
    【SPECIMEN/SAMPLE(clone)】H. salina (MH06-224-3 IB13721 Uitkomst, N of Swartkops River)
    Haworthia salina
    MH06-224-3 IB13721 Uitkomst, N of Swartkops River
    (Basionym: H. stayneri var. salina)






    毛無しの H. venusta (H. cooperi var. venusta sensu Bayer)、みたいな位置づけで見られてる種。
    Breuer さんは H. venusta H. salina var. venusta にしてます。
    (※ H. tomentosa は Joubertskraal の H. villosa とかあの辺の地域の種です。)

    H. stayneri の変種で元記載されただけあってズングリでイイカンジの三角窓な感じです。
    白肌っぽい個体とかもあるけどこれはけっこう紫肌。
    というか、思ったよりガッツリ紫になりました。
    H. purpurea 並みかよ。
    0円
    在庫数 : 0
  • 【SPECIMEN/SAMPLE(clone)】H. cooperi v. gordoniana (MBB6933 E of Humansdorp)
    【SPECIMEN/SAMPLE(clone)】H. cooperi v. gordoniana (MBB6933 E of Humansdorp)
    Haworthia cooperi var. gordoniana sensu Bayer
    MBB6933 E of Humansdorp



    H. jeffreis の自生地である Jeffreys Bay のすぐ西側の街 Humansdorp ・・・の東側。
    H. jeffreis ではなく新種らしいです。

    H. bella を毛剃ってカチっと小さめにしたような感じにも見える窓模様ですかね。
    まあとにかくステキ。

    栽培的にはラクショー系のストレスフリー。
    成長も早いです。
    難点は害虫の食害対象になりやすいくらい・・・。


    透明度も凄まじいし、シルエットと窓の模様具合も最高なので個人的には超アタリ個体だと思ってます。
    0円
    在庫数 : 0
  • H. gordoniana (MBB6553 Zuurbron, TL)
    H. gordoniana (MBB6553 Zuurbron, TL)
    Haworthia gordoniana
    H. cooperi var. gordoniana sensu Bayer
    MBB6553 Zuurbron , TYPE LOCALITY

    POTSIZE: 60mm
    もりもり動いてる

    H. gordoniana らしい H. grodoniana  そのもの。
    ホンモノ。
    true.


    栽培的にはかなり丈夫で、別に気を遣わないといけないような部分もなく。
    稀に根っこ吹っ飛んでても「まあテキトーに転がしとけばいいか」くらい。
    成長も小型種なりには早めくらい?
    辛目にしてキュンキュンに詰めてみたり、柔らかめにしてシャープな透明ブルー窓にしてみたりして遊べます。
    16,000円
    在庫数 : 0
  • H. venusta
    H. venusta
    Haworthia venusta
    H. salina var. venusta sensu Breuer
    H. cooperi var. venusta sensu Bayer

    POTSIZE: 60mm

    ベヌスタにしては生長早めで根元から子株出る個体。
    群生させたい人に良いかもです。
    1,250円
    在庫数 : 1
    注文数:
  • Dioscorea elephantipes(亀甲竜)【LAST1】
    Dioscorea elephantipes(亀甲竜)【LAST1】
    Dioscorea elephantipes

    POTSIZE: 90mm

    御存じ、ハート型のツヤツヤな葉っぱが出るヘンテコな塊。
    大きくなるとガシガシした模様になってきます。
    オシャレ塊根。

    ちなみに球形ではないです。
    底は平らで、丸っこい小籠包みたいな感じです。
    1,600円
    在庫数 : 1
    注文数:
  • xGv. ‘Fantôme’ (丸葉)
    xGv. ‘Fantôme’  (丸葉)
    xGraptoveria ‘Fantôme’ 

    POTSIZE: 60mm 
    植え付けは75mm以上です。

    どれも似たようなもんなので数量4で。
    例によって先着で大きいほうから送ります。



    個人的には xGraptoveria ‘Caerulescens’ (Gossot) van Keppel である可能性が高いと思いますが、‘Fantôme’ のほうで認知されていくと思います。

    ‘Fantôme’ には少なくとも2型あり、これは丸っこいほう。
    個人的には大好き。
    春は最高にかわいい。
    オマケにメチャ丈夫。

    なんと!都内では野晒し栽培可能!
    うちのは見本株も含めて全部野晒しだ!
    遮光雨除けナシ!
    でもめっちゃ元気!
    風通し(地面からの距離=置き場所の高さ)はある程度無いとさすがにアレかもしれませんが。
    950円
    在庫数 : 3
    注文数:
  • 【SPECIMEN/SAMPLE(clone)】xGv. ‘Fantôme’ (丸葉)
    【SPECIMEN/SAMPLE(clone)】xGv. ‘Fantôme’  (丸葉)
    xGraptoveria ‘Fantôme’ 




    個人的には xGraptoveria ‘Caerulescens’ (Gossot) van Keppel である可能性が高いと思いますが、‘Fantôme’ のほうで認知されていくと思います。

    ‘Fantôme’ には少なくとも2型あります。
    使い分ける為の有効な品種は無いようなので、便宜上「丸葉型」「尖り葉型」と呼んでいます。
    (尖り葉型は ‘Harry Watson’ とする人もいますが、甚だ疑問。)

    ちなみに丸葉型はなぜかウチくらいでしか見ない・・・。
    本当に全然・・・。


    個人的には大好き。
    春は最高にかわいい。
    オマケにメチャ丈夫。
    0円
    在庫数 : 0
  • E. ‘Blue Bird’ x lilacina / PPK16-2-13、14、15
    E. ‘Blue Bird’ x lilacina / PPK16-2-13、14、15
    Echeveria ‘Blue Bird’ x lilacina
    PPK16-2-13
    PPK16-2-14
    PPK16-2-15

    POTSIZE: 60mm
    3株セット


    質感が硬くてシルエットがシャープな組み合わせ。
    硬くて粉があるヤツは夏にも冬にも強いぞ!
    1,000円
    在庫数 : 1
    注文数:
  • E. ‘Blue Bird’ x lilacina / PPK16-2-8
    E. ‘Blue Bird’ x lilacina / PPK16-2-8
    Echeveria ‘Blue Bird’ x lilacina
    PPK16-2-8

    POTSIZE: 60mm

    質感が硬くてシルエットがシャープな組み合わせ。
    硬くて粉があるヤツは夏にも冬にも強いぞ!
    700円
    在庫数 : 1
    注文数:
  • E. ‘Blue Bird’ x lilacina / PPK16-2-7
    E. ‘Blue Bird’ x lilacina / PPK16-2-7
    Echeveria ‘Blue Bird’ x lilacina
    PPK16-2-7

    POTSIZE: 60mm

    質感が硬くてシルエットがシャープな組み合わせ。
    硬くて粉があるヤツは夏にも冬にも強いぞ!
    500円
    在庫数 : 1
    注文数:
  • E. ‘Blue Bird’ x lilacina / PPK16-2-6
    E. ‘Blue Bird’ x lilacina / PPK16-2-6
    Echeveria ‘Blue Bird’ x lilacina
    PPK16-2-6

    POTSIZE: 60mm

    ウォーターマークってきそう。

    質感が硬くてシルエットがシャープな組み合わせ。
    硬くて粉があるヤツは夏にも冬にも強いぞ!
    800円
    在庫数 : 1
    注文数:
  • E. ‘Blue Bird’ x lilacina / PPK16-2-5
    E. ‘Blue Bird’ x lilacina / PPK16-2-5
    Echeveria ‘Blue Bird’ x lilacina
    PPK16-2-5

    POTSIZE: 60mm

    質感が硬くてシルエットがシャープな組み合わせ。
    硬くて粉があるヤツは夏にも冬にも強いぞ!
    1,100円
    在庫数 : 1
    注文数:
  • E. ‘Blue Bird’ x lilacina / PPK16-2-4
    E. ‘Blue Bird’ x lilacina / PPK16-2-4
    Echeveria ‘Blue Bird’ x lilacina
    PPK16-2-4

    POTSIZE: 60mm


    質感が硬くてシルエットがシャープな組み合わせ。
    硬くて粉があるヤツは夏にも冬にも強いぞ!
    900円
    在庫数 : 1
    注文数:
  • E. lilacina x colorata / PPK16-3-23
    E. lilacina x colorata / PPK16-3-23
    Echeveria lilacina x colorata 
    PPK16-3-23

    POTSIZE: 50mm

    薄葉型


    花粉親の E. colorata は参照用に掲載しているヤツです。
    ガチッと硬い質感。
    650円
    在庫数 : 1
    注文数:
  • E. lilacina x colorata / PPK16-3-22
    E. lilacina x colorata / PPK16-3-22
    Echeveria lilacina x colorata 
    PPK16-3-22

    POTSIZE: 50mm

    中間型


    花粉親の E. colorata は参照用に掲載しているヤツです。
    ガチッと硬い質感。


    700円
    在庫数 : 1
    注文数:
  • E. lilacina x colorata / PPK16-3-21
    E. lilacina x colorata / PPK16-3-21
    Echeveria lilacina x colorata 
    PPK16-3-21

    POTSIZE: 60mm

    花粉親の E. colorata は参照用に掲載しているヤツです。
    ガチッと硬い質感。
    700円
    在庫数 : 1
    注文数:
  • E. lilacina x colorata / PPK16-3-20
    E. lilacina x colorata / PPK16-3-20
    Echeveria lilacina x colorata 
    PPK16-3-20

    POTSIZE: 60mm

    花粉親の E. colorata は参照用に掲載しているヤツです。
    ガチッと硬い質感。
    700円
    在庫数 : 1
    注文数:
  • E. lilacina x colorata / PPK16-3-19
    E. lilacina x colorata / PPK16-3-19
    Echeveria lilacina x colorata 
    PPK16-3-19

    POTSIZE: 60mm

    花粉親の E. colorata は参照用に掲載しているヤツです。
    ガチッと硬い質感。
    700円
    在庫数 : 1
    注文数:
  • E. lilacina x colorata / PPK16-3-18
    E. lilacina x colorata / PPK16-3-18
    Echeveria lilacina x colorata 
    PPK16-3-18

    POTSIZE: 60mm

    花粉親の E. colorata は参照用に掲載しているヤツです。
    ガチッと硬い質感。
    700円
    在庫数 : 1
    注文数:
  • E. lilacina x colorata / PPK16-3-4
    E. lilacina x colorata / PPK16-3-4
    Echeveria lilacina x colorata 
    PPK16-3-4

    POTSIZE: 60mm

    花粉親の E. colorata は参照用に掲載しているヤツです。
    ガチッと硬い質感。
    1,000円
    在庫数 : 1
    注文数:
  • E. lilacina x colorata / PPK16-3-3
    E. lilacina x colorata / PPK16-3-3
    Echeveria lilacina x colorata 
    PPK16-3-3

    POTSIZE: 60mm

    花粉親の E. colorata は参照用に掲載しているヤツです。
    ガチッと硬い質感。
    1,000円
    在庫数 : 1
    注文数:
  • E. colorata (SEEDLING)【2】
    E. colorata (SEEDLING)【2】
    Echeveria colorata

    POTSIZE: 60mm
    800円
    在庫数 : 1
    注文数:
  • 【REFERENCE/参照】E. colorata (2016年度花粉親、自家受粉採種親)
    【REFERENCE/参照】E. colorata (2016年度花粉親、自家受粉採種親)
    Echeveria colorata

    あまりにもグッときたのでそのまま自家受粉の種子で実生しまった E. colorata ・・・採種親。
    生えてきた苗を見てもどれも雑交している感じではないです。


    ズングリ丸っこくて暖色系地肌のほのかに青み掛かった白粉。
    この手の E. colorata 、‘Lindsayana’ 含めての種内変異をはじめ、色々交配品種はかなり色々見てきたほうだと思いますがこれが一番グッときました。

    そんないい感じのコロラータの実生親。




    ラベル自体は「野生コロラータ」というナンジャソリャ感のある名前になってました。
    恐らくドイツ辺りの種子を韓国か台湾あたりで発芽させた苗を輸入したものではないかと思います。
    途中の仲介者にあまり知識が無くて原種と説明された部分が野生表記になってしまったとかそんな感じではないかと思います。

    形態からすると E. colorata, Tapalpa が近いと思いますが、確証はないので Tapalpa とは表記しません。
    また、Tapalpa というのは地名、すなわち分類学上の自生地を示すデータであって栽培品種名ではありません。


    このケースの場合は品種名として命名された・扱われているというよりは取って付けた識別・販売用の名称ということだと思いますので、私のほうでは「野生コロラータ」という名前は却下させてもらいます。
    単に E. colorata とさせていただきます。
    種内変異レベルに収まっていると思うので E. colorata で十分でしょう。

    「〇〇+種名(小名)」というようなネーミングは国際栽培植物命名規約上、栽培品種名としては禁止されていますので、コレクターや専門性を売りにする業者であるならこういった名前は出来るだけ早めに破棄していくことも考えていくべきです。
    自生地の名前を組み込むようなネーミングも同様。



    0円
    在庫数 : 0
  • 【SPECIMEN/SAMPLE(clone)】G.paraguayense x E.lilacina / PPK11-5-1
    【SPECIMEN/SAMPLE(clone)】G.paraguayense x E.lilacina / PPK11-5-1
    Graptopetalum paraguayense x Echeveria lilacina 
    PPK11-5-1

    POTSIZE; tomato缶


    PPK09-1-1 (G.paraguayense x E.lilacinaとは全然似てないです。
    やや葉っぱ硬めの薄っすらツヤのある感じで、すこぶる強健な個体。
    茎立ちはゆるやか。
    思い切り朧月xリラシナな感じです。

    めっちゃ丈夫。


    0円
    在庫数 : 0
  • 【REFERENCE参照】G.paraguayense x E.purpusorum / PPK13-9-1
    【REFERENCE参照】G.paraguayense x E.purpusorum / PPK13-9-1
    Graptopetalum paraguayense x Echeveria purpusorum (not ‘Dionysos’)
    PPK13-9-1

    POTSIZE; 90mmくらい




    この組み合わせの個体差無くは無いですが、兄弟はかなり一貫性があって良く似てます。

    0円
    在庫数 : 0
12 次へ >>

(全商品:99点)

表示件数: